実績報告
  • ケアプラス三津 リハビリ便り 「姿勢測定始めました」 三津だより リハビリNEWS 2016年05月09日

    「姿勢測定始めました」

    皆さん、こんにちは。ケアプラス三津 理学療法士の宮中です。

    今回皆様にご紹介させて頂きたいのが最近導入した姿勢測定器についてです。

    この機器ではカメラで撮影した人物の姿勢状態や動きを下写真のような状態で観察することができ、症状との因果関係や利用者様への客観的フィードバックが行え、リハビリにおける注意点や気づきなどを提供できるツールとなっています。

     

    ケアプラス姿勢測定装置による下記の写真をご覧ください。

    2-

    この写真は歩行時の動きを撮影したもですが右膝のope後とあって右脚への重心移動がうまく行えておらず、骨盤の位置である青丸が右脚の振り出しについてきていないことが右端画面の位置状況により確認できます。

    この視覚的フィードバックは利用者様にとって客観的に知ることができ、さらなる問題点への取り組みへと繋がる・・・・ある意味、先生のような存在なのです。

    黙々とリハビリを行うことも大事ですが、客観的に自身を知ることもまた精度あるリハビリ提供ができるものと考えます。

     

    その他の機能として、個々の関節や動きを設定することで関節可動域の記録も残すことができ、上写真同様、利用者様は視覚的に自身の状態を把握することができます。

    写真3

    こちらの写真は四十・五十肩など肩関節に可動域制限がある方に対し、リハビリ評価の一環で画像を残すことでモチベーションアップにも繋がっております。

     

    以上、機器機能について簡単に紹介させて頂きましたが、これらの取り組みは単にリハビリサービスの提供に終わらず、利用者様自身のモチベーションアップや利用者満足度に繋がればと考え導入させて頂いております。

    また当社ではこれ以外にもタブレットによる動画・静止画記録なども定期的に残しており、随時利用者様へのフィードバックや、依頼があればご家族やケアマネ様にも利用状況やリハビリ状況などもご提供できるよう全事業所で取り組んでおります。

    写真4

    最後に今回は還元手段についてお伝えしましたが、私達はあくまで利用者様の支援者に過ぎません。どのように取り組めば利用者様に喜んで頂けるか日々考えながら、少しでも心動かすリハビリがご提供できればと思っております。

    是非、皆様の生活改善に「ケアプラス」と覚えて頂けると幸いです。