実績報告
  • ケアプラス今治 介護員だより~笑い巻き起こる一周年祭!!~ 今治だより 介護員だより 2020年04月26日

    皆さん、こんにちわ。ケアプラス今治の介護員チームです。

    最近では、新型ウイルスが猛威を振るい、全国規模での緊急事態宣言が出され、皆さん不安な毎日を送っている事と思います。テレビやラジオでは新型コロナの感染者増加を聞かない日はなく、暗いニュースばかりで心身ともに参ってしまいそうですね。

    そんな中ケアプラス今治では、衛生面には十分に配慮した上で、暗くなりがちな気持ちを少しでも明るく前向きにできるようにとの思いと感謝の思いを込めて一周年祭を開催しました。ケアプラス今治は、2019年の4月19日にオープンし、無事一周年を迎える事ができました。4月11日、16日、22日の3日間でそれぞれ違う内容でイベントを予定し、皆さんに楽しんで頂けるよう準備を進めてきました。

    これは、2日目に行われたイベントで、シルエットクイズや職員の名前当てクイズです!職員の名前当てでは、利用者様が引いた番号の部分が少しずつ空いていき、職員の顔がわかるというクイズです。番号によっては肩や胸等の場所ばかりが空いたりしてなかなか肝心の顔が出ません。女性職員なのに男性職員の名前を回答して残念がる方や眉毛だけで職員の名前を当てて大興奮する方。そして、職員の顔全体が出ると皆さん「ああ~。」と納得!なかには、「顔はわかるけど、名前がわからん。」と言われる方も。「皆さんに名前と顔を覚えて頂くにはまだまだだな~。もっと頑張らないと!!」と気合を入れ直す職員もいました。

    これは、最終日のイベントの様子です。職員がそれぞれの恰好で仮装しての間違い探しです。今治のゆるキャラ「バリイさん!」さあ、さっきと違うところはどこでしょう?「わかりやすい所からわかりにくい所まで5か所ありますよ!」そう声を掛けると皆さん、真剣に職員を食い入るように見つめ思案顔。そして、女子高校生の恰好でまだまだいけるとノリノリの職員。「よお~似合っとる!!」などの声も飛び交い、間違い探しをしながらも大爆笑。そして、間違い探しの答えを聞くと、正解して喜ばれる方、最後の1か所がわからず悔しがる方等大盛り上がりでした。

    最後には手洗いの重要性を再度説明しつつ、職員全員とご利用者様の皆さんと一緒に手洗いダンスでして締めくくりました。

    今月から音楽療法を始めました!!音楽療法士の資格を持った職員が4月から新しく加わり、ピアノの演奏に合わせ、馴染みのある「春の小川」や「星影のワルツ」等を歌いました♪また、歌にまつわる話で盛り上がったり、曲に合わせて軽く体操したりとリフレッシュしました。「知っとる歌ばっかりやったけん良かった。」「カラオケより楽しかった。」等の声をいただきました。

    現在、新型コロナ予防の為、カラオケを中止していて、楽しみにされていた方にはご迷惑をおかけしていますが、これから1週間に1~2回程度の開催を予定していますので、音楽療法で少しでも楽しんで頂けたらと思います。

    新型コロナの感染が拡大していますが、皆さん気を付けてお過ごしください。そして、一日でも早く収束し、安心できる日が来る事を願っています。

    5月には、うきうき祭りを予定していますので、来月のブログでその様子を紹介したいと思います。