実績報告

道後持田一覧

  • 皆様こんにちは。ケアプラスデイサービスセンター道後持田、作業療法士の高橋がブログをご紹介します。

     

    椿祭りも終わり、徐々に過ごしやすい気候となって参りましたが、皆様体調はいかがでしょうか?全国的にインフルエンザ、都会でははしかの感染が広がっていますので、まだまだ油断せず体調管理を徹底していきましょう。

     

     

    今回は、ピックアップ歩行器での歩行安定性を目指しご自宅リハビリパック「着替えよう。鍛えよう。グッズ」で以前より自主訓練を意欲的に継続されていた方に良い変化がみられましたのでご紹介致します。

     

    まずは、「着替えよう。鍛えよう。グッズ」のご紹介です。

    このグッズはループ状のゴムチューブに座位、もしくは立位で手足を通す事で更衣動作の模擬動作訓練が実施できるグッズです。また、ゴムチューブ本来の使用方法で筋力強化訓練を実施する事も可能です。

     

    この利用者様はピックアップ歩行器で安全に屋内移動を実施する必要があり、筋力や動的バランス、立位動作の安定が必要でした。当初は疲労感やふらつきがありフラットな屋内でも不安定性がありました。

     

    訓練1 筋力強化訓練

    ※下肢・体幹に焦点を当て、キッキングや足関節運動を実施。

     

     

    訓練2 立位でのもの拾い

    ※ゴムチューブは形状(輪っか、高さがある)・素材(摩擦力)から拾いやすいものであり、その特性を活かし訓練2の課題に採用。

     

     

    上記の課題を自主訓練として実施して頂きました。

     

    機能訓練と並行し自主訓練を意欲的に実施した結果、屋外での歩行も安定してきており、屋外での歩行距離増幅、易疲労性の改善がみられ、自信向上にも繋がっております。また、肝心な屋内移動も転倒なく実施できております。

     

     

    ケアプラスではADL・QOLを視野に入れた適切な機能訓練の提供に日々取り組んでおります。また、今後もご自宅リハビリパックを活性化し、どの方でもご自宅訓練が楽しく活性化できるように努めて参ります。気になる方は一度ケアプラスへお越し下さい。心よりお待ちしております。

  • ケアプラス道後持田 介護員便り~鬼は外!福は内!~ 道後持田 介護員だより 2019年02月13日

    みなさま、こんにちは。ケアプラス道後持田介護員の松浦です。

    車を運転している時には気が付かないのですが、店舗の前の旗が大きく揺れているのを見て、風の強さを実感しながら毎日帰宅しております。先日は、北海道でマイナス31度を記録したとのニュースがありました。温暖な瀬戸内に住んでいると…全く想像できない数字ですよね。

    立春も過ぎ、雨水。雪が雨に変わるころと言われていますね。愛媛のインフルエンザはまだまだ警報レベルとのことです。手洗い・うがい、適度な湿度・十分な休養など続けていただきたいと思います。

     

    先日、節分がありましたが、節分前の日曜日に「節分飾り」を製作しました。今回は赤鬼・青鬼を毛糸で作りました。鬼のパーツはイラストから貼り付けとなりましたが、「この鬼の目はなんとも言えん可愛らしいわい」

    小さな豆も飛ばして節分飾りの完成です。2月いっぱいご自宅で飾ってくださいね。

     

    そして、3月の準備も進んでいます!フロアに飾るカレンダーには、春らしい色紙を使用し着々と3月カレンダーが出来ております。

    ん?カエル?冬眠していた虫たちも春の訪れで目覚め、道端の花も楽しませくれる頃ですね。

    我が家の梅の木には5割くらい花がつきました。毎年ですが、しっかり世話をしてあげられていないのに花が咲いてくれて、ありがとう。

    愛媛マラソン・椿祭りも終わりました。暖かい春はもうすぐですね!

     

    道後持田のブログ等でもお知らせさせていただいておりますが、15日よりイベントウイークが開催されます。「心・頭・体」しっかり使った楽しいイベントになるはずです。楽しくスタッフも一緒に皆様と楽しみたいと思っております!

    それでは、また次のケアプラス道後持田の介護ブログでお会いしましょう♪

  • 皆様、こんにちは。ケアプラス道後持田生活相談員の中村です。

    2月になり、1年間で一番寒さが最も厳しい季節に入りました。3日は「節分」、4日は「立春」を迎え、暦の上ではもう春です。

    しかし、朝晩が寒い!寒い!寒い!

     

    そして、11日より72時間ぶっ通しで行われる伝統的なお祭り「椿さん」が始まります。

     

     

    私も毎年古いお札やお守りを持って「古札納付所」に納めに行き、新しい札を購入して家内安全を祈願しております。

    そして、「おたやん飴」と言われている縁起飴も有名ですね。小さい頃は、歯にひっつきながらよく食べたものです。

     

    ケアプラス道後持田では、たくさんの利用者様が公文の学習療法を実施しております。

    読み書き計算の教材も大切なのですが、私が特に大事にしている事は、利用者様とコミュニケーションを図る時間を持つことです。

    読みの題材や利用者様から出た話の中からコミュニケーションを図るキーワードを見つけて、少しの時間ですがお話をさせていただいております。

    先日は、読み教材で家電の「三種の神器」のお話が書かれておりました。

     

     

    昔の一槽式の洗濯機の使い方や白黒テレビのリモコンではなくチャンネルをカチッカチッと回していたなどお話しくださいました。

    そして、「懐かしいわぁ・・・」と。

     

    「昭和30年頃は、何をされておりましたか?」との声かけに、ある利用者様は、「20歳で、大学に行きながら一生懸命に生きていた頃です。

    大変でしたがいい人に出会って助けていただいたことも多く、今思えば、いい頃でした。」とのお話も。

     

    また、他の利用者様に「今までに一番記憶に残っている旅行先はどこでしたか?」の声掛けには、「一番は、カナダのナイヤガラの滝で壮大ですごかったです。

    他にもヨーロッパ、韓国、中国、台湾にも行き、それぞれどの国も良かったですよ。」と、奥様とたくさん旅行に行かれたとのお話がありました。

     

    どの利用者様も話を終えた後には明るい笑顔を見せていただいております。

     

    回想法で期待される大きな効果に

    ・聞き手がいることで、不安感や孤独感を和らげる事もできて、心を落ち着かせることができる。

    ・昔話をする事や昔の品物を見たりすることで、脳の血流が増えることが確認できて認知症の進行を穏やかにする。

    との効果がみられるといわれております。

     

    今後も今以上に利用者様がよりリラックスしてお話をくださる環境と時間を作って参りたいと思います。

     

    伊予路に春を呼ぶおまつりといわれている「椿さん」。

    先日も「椿さんが過ぎたら暖かくなるわい。」とお帰りの車の中で言われていた利用者様がいらっしゃいました。

    早く暖かくなってほしいものです。は~るよ来い!は~やく来い!

     

    今月もリハビリイベント、介護イベントを開催いたします。

    15日 お楽しみ会第一弾

    18日 お楽しみ会第二弾

    19日 できリハイベント第一弾

    20日 ケアプラスクイズダービー

    22日 できリハイベント第二弾

    25日 できリハイベント第三弾

    道後持田スタッフ一同は皆様に楽しんでいただけるように準備をしてまいりますので乞うご期待!

    そして、追加ご利用、振替ご利用も承っておりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

  • ケアプラス道後持田新聞 2019年2月号が更新されました!

    2月に入り少しずつ昼が長くなってきましたが、未だ朝夕の冷え込みは続いている今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか?

    インフルエンザも流行りつつあるなか、手洗いなどを行いインフルエンザ予防に努めましょう。

     

    さて、ケアプラス道後持田では、1月は頭すっきり脳トレイベントとできリハイベントを行いました。

    まずは1月14日に新春初となります【 できリハイベント 】を開催いたしました。

    この度は新春を意識して、「一富士二鷹三茄子」を題材としてゲームを用意させていただきました。まず、「一富士」ということで山を意識した山崩しゲームです。次は「二鷹」ということで狩りをイメージさせる輪投げゲームです。最後「三茄子」はおせち料理の具材が描かれたくじを引くゲームで運試しの要素が含まれています。

    これらのゲームですが、山崩しゲームは手指の巧緻動作を促し、輪投げでは日頃リハビリの頑張りを生かした上肢機能の向上を図ったゲームとなっています。

     

    皆様ゲームを楽しまれながら熱心に身体を動かしておられ、しっかりと運動をしていただくことができました。

     

    次は1月23日に【 頭すっきり脳トレイベント 】を行いました。

    この度行ったのは4種目のゲームです。

    まずは「想像してください」というゲームです。これはお題に沿ってスタッフの考えていることを皆様に当てて頂くゲームですが、スタッフによって様々な答えがあるため皆様頭をひねって考えられており、正解が出ると歓声が上がるほどの盛況ぶりでした。

    次は「何と言っているのでしょうか?」です。3名のスタッフがそれぞれ異なる言葉を同時に叫び、何と言っているのかを当ててもらうのですが、わからなくて頭をひねるチーム、チーム内で分担して聞き取ろうとするチームなど、チームそれぞれで工夫して取り組まれておられました。

    3つ目は「バラバラ漢字」といい、一つの漢字を四等分した紙を順に見せて、元の漢字が何だったかを当てるゲームです。このゲームも皆様悩まれておられましたが、チームで協力して見事答えを当てられるチームが多かったです。

    最後は「新聞ボール(風船)渡し」です。これは対面するご利用者様同士で持った新聞紙の上にボールや風船を転がして隣のご利用者様に渡すゲームです。これまで頭を使って頂くゲームばかりでしたので、ここでは思いっきり身体を動かして頂きました。

    どのゲームも皆様熱中しておられました。

     

    2月のイベント情報

    15日お楽しみ会

    18日お楽しみ会

    19日できリハイベント

    20日ケアプラスクイズダービー

    22日できリハイベント

    25日できリハイベント

    を予定しております。

    お誘い合わせの上、是非ともご参加下さい。

    肌寒い日が続きますが、体調管理には気をつけ元気にお過ごし下さい。

    また、お休みなどの際の振替ご利用、新規体験利用などもスタッフ一同、心よりお待ちしております。

  • ケアプラス道後持田看護師便り~猛威を振るってます!~ 道後持田 看護師だより 2019年01月30日

    皆様こんにちはケアプラス道後持田の看護師です。

     

    今年最初のブログとなります。

    かなり遅い挨拶となりますが、皆様どうか

    今年も宜しくお願い致します。

     

    平成も31年となり早くも1月が終わろうとしています。

    一日、一日がとても速く感じるのは皆一緒でしょうか?

     

    しかしながら現在インフルエンザが全国的に流行しております!!

     

    地域の学校では学年閉鎖を余儀なくされたりと周囲でも

    インフルエンザという言葉を聞かない日がないぐらいです。

     

    インフルエンザは風邪とは違って38.0度以上の高熱が出て

    頭痛、筋肉痛、倦怠感等の症状が急速に現れます。

    高齢者、小児は重症化しやすく特に注意が必要です。

     

    とはいっても今年のインフルエンザ個人的な感想ですが

    高熱は出なかったけどインフルエンザだった、平熱でも

    インフルエンザだったという方もおられ、予断は禁物かなと

    思うところです。

     

    まだまだ寒い日が続きます。

    ・充分な睡眠と、栄養補給にて抵抗力の低下を防ぎましょう

    ・人混みはなるべく避け、外出の際はマスクの着用しましょう

    ・こまめな手洗い、手指の消毒を実施しましょう

    ・室温、湿度管理を行いましょう(特に湿度40%以下にならないよう注意しましょう)

    ・咳エチケットを心がけましょう

     

    もしインフルエンザかな?と思いましたら早めの受診をお進めします。

    最近では新薬もあり適切な治療がなされると思います。

     

    今年の冬もインフルエンザに負けず笑顔で過ごして頂けたらと思います。

     

     

  • 皆様、こんにちは。

    ケアプラス道後持田、柔道整復師の松居です。

     

    今年に入り、早3週間が経とうとしておりますが如何お過ごしでしょうか?巷ではインフルエンザが流行りつつありますので、うがい手洗いをしっかり行いましょう。

     

     

    今回ご紹介する利用者様は利用当初肩から手指にかけて痺れ感が強く、肩関節の可動域制限があるため着替え動作に支障が出ており、あまり動かそうとしておりませんでした。

     

    そこで、できリハ更衣動作訓練に準じた訓練を提案し、実施していきました。

    徒手訓練では肩関節の可動域訓練を継続し、頸部から肩にかけてストレッチやリラクゼーションを実施しました。また、ご自宅でも肩甲骨を意識した運動を行って頂くよう伝え、継続して頂きました。

     

    肩関節の可動域確保により着替え動作もスムーズになり、意欲的に機能訓練に参加されております。

     

    肩が痛みなく挙上できるようになったので、ガッツポーズを見せて頂きました。

     

     

    ケアプラスでは利用者様の生活課題に寄り添い、一緒になって取り組んでいけるリハビリスタッフがいますので、何か生活でお困りの方は一度体験してみては如何でしょうか。

    スタッフ一同、皆様のお越しをお待ちしております。

     

  • 皆様こんにちは。ケアプラス道後持田 介護員の松浦です。

    ついこの間、箱根駅伝をみて興奮していたと思ったのですが、もう1月も半ばです。去年の暮れにこたつを買い替えた我が家。・・・良かったのか悪かったのか年末年始、こたつから出られなかったのは言うまでもありません。

    皆様はどのようなお正月を過ごされましたでしょうか。おせち料理・お雑煮・初詣・初日の出・初夢・・・「お正月といえば、~」というと色々ありますが、いいお正月を過ごされたことと思います。

    一年の計は元旦にあり。私は今年も寝正月ではありましたが、新元号になる年です。皆様、素敵な1年にしましょうね。

     

    12月の賑やかだったクリスマスはどこへやら。25日が終わると、あっという間にお正月仕様になりました。ケアプラス道後持田も新年の飾りで賑やかになっていますよ。

    12月最後の日曜日には、お正月カード作成とカードめくりゲームで楽しんでいただきました。お正月らしい「金・赤・白」のおめでたいカードです。紫と白の画用紙を貼りながら「これだけのことが、なかなか難しいねえ」と頭を使いながら、時には眉間にしわを寄せながら作っておられました。「眉間にしわが寄ってますよ!」とお声をかけると、「きちんと貼りたいんで、必死になってた!」と大笑い。

    そして今は節分の準備をしております!

    出勤する時に霜がおりており「寒いはすだ。」と、寒さに納得している朝。ほんの少しですが日が長くなったと感じる夕方。暖かい春はもう少し先ですね。インフルエンザも流行しているようです。食事・運動・睡眠。体調を崩さないよう注意され、一緒に寒い冬を乗り越えましょう!

  • ケアプラス道後持田 ~相談員便り~ 『新年のご挨拶』 道後持田 相談員だより 2019年01月09日

    皆様、新年明けましておめでとうございます。

    年末の最強寒波もこの辺りは大きな被害もなく、穏やかな年明けとなりましたね。

    ケアプラス唯一の連休となる年末年始、皆様はどのように過ごされましたでしょうか。

    ちなみに私は所謂寝正月に近い感じで、大半を自宅で過ごしておりました。

    年明けに皆様のお変わりないお顔が見られて一安心しております。

    さて、年始ということですが、皆様今年の目標はもう立てられましたか?

    道後持田をご利用下さっている方々に今年の目標を伺ってみました。

    皆勤賞を目指します。  女性O様

    こけないようにしたい。  女性T様

    しっかり歩けるよう訓練をしてご家族と外出したい。  男性N様

    笑顔で自宅での生活を続けたい。  男性M様

    唐突の質問にも関わらず、スッと目標を教えて下さった方々、ありがとうございます。

    目標を持って日々過ごしている方は活き活きしておられますね。

    私たちスタッフも目標を立て、自分の目標達成も然り、皆様の目標達成のお手伝いもさせていただけたら幸いです。

    道後持田は来月で7年目に突入となります。これからも皆様の在宅生活に寄り添うデイサービスで在りたいと思っておりますので、

    本年も何卒宜しくお願い申し上げます。

  • 皆様あけましておめでとうございます♪

    本年もよろしくお願いいたします。

    平成最後の年越し、皆様はどのように過ごされましたか?

     

     

    さて昨年12月もケアプラス持田ではたくさんのイベントが開催されました。

    12月19日、 トキアンサンブル様お迎えして『クリスマス音楽鑑賞会』を行いました。今回は、『きよしこの夜』『ジングルベル』『瀬戸の花嫁』『あの素晴らしい愛をもう一度』などお馴染みの曲から、懐かしいものまで揃っており、ご利用者の皆様は手拍子・手話・合唱と忙しいながらも笑顔あり・涙ありの充実した時間をお過ごし頂きました。

    12月19日からクリスマスの25日までChristmasイベントWEEKと題しリハビリと介護のスタッフがそれぞれの思考を

    凝らしてらしてイベントを実施致しました

    20日 できリハイベント

    21日 できリハイベント

    22日 ビンゴ大会

    23日 クリスマスイベント

    24日 クリスマスイベント

    25日 できリハイベント

    「できリハイベント」では、日ごろのリハビリの頑張りが発揮できるような全身運動レクリエーションを行いました。

    24日は、介護職員主体となり、前頭前野の活性により認知機能低下の予防を図るため

    「頭すっきり 頭の体操クイズ大会」を行いました。

    全日程多くの利用者様にご参加頂きまして

    大盛況となりました。

     

     

    1月もケアプラス持田ではイベントを用意し

    4日 新年開運大ビンゴ大会

    5日 新年開運大ビンゴ大会

    14日 できリハイベント

    23日 お楽しみ会

    振替、追加ご利用を承っております

     

    寒い日が続きますが体調に気を付けてお過ごしください。

     

  • 皆様初めまして、お初にお目にかかります。

    ケアプラスデイサービスセンター道後持田、作業療法士の平岡です。

     

    年の瀬も押し迫り今年も残すところあと僅かとなりました。お正月も近づく中、準備に何かとお忙しい今日この頃皆様どうお過ごしでしょうか。12月に入ってから寒い日が続いたため体調を崩される方もいらしたのではないかと思いますが、来月にかけての平均気温は、ほぼ平年並みまたは高くなるようで、幾分過ごしやすくなるのではないでしょうか。

     

    さて、今回紹介させて頂きますA様ですが、歩く時には歩行器を用いております。当初は膝が曲がり前のめりの体勢となるなど姿勢の崩れが目立っており、普段の生活でも歩きはもちろんのこと、物を取るために手を伸ばすリーチ動作など姿勢の影響を受けやすい動作について難しくなっていたと想像されます。これは、身体が前に傾いた姿勢では足も踏み出しにくくなり歩行に支障が出てくるほか、姿勢が安定しないとバランスを崩しやすくなり手を伸ばすのも難しくなるためです。

    そこで、日常でできることを増やし、よりよく生活して頂くため「できリハ」を行わせて頂きました。

     

    こちらがリハビリの風景です。

    筋肉をストレッチすることで、よく筋肉が伸びるようになってきました。

     

    足におもりを付け、スタッフと共に運動して頂いております。

    共に運動することでやる気も出てきますね。

     

    現在の状態がこちらです。

    背筋も膝も伸び、姿勢改善に伴い顔を上げ正面を見て歩かれておられ、熱心にリハビリに取り組まれるA様の頑張りが歩行に現れてきたのではないかと感じております。今後も日常生活でのできることを増やしていけるようお手伝いさせて頂きたいと思います。

     

    ケアプラスでは、ご利用者様がより安全で快適な生活ができるようリハビリを提供しております。見学や体験利用も随時受け付けておりますので、興味のある方は是非ケアプラス道後持田までお越し下さい。

    スタッフ一同、心よりお待ちしております。