実績報告
  • ケアプラス宇和島 リハビリ便り 良い循環 宇和島だより 2020年01月28日

    皆さん、こんにちは。ケアプラス宇和島、理学療法士の宮本です。

     

    こたつとみかんを友として過ごす時間が長くなるこのごろ、いかがお過ごしでしょうか?

     

    時が経つのは早いもので、もう2月になろうとしています。よく年明けに今年の目標を考える方も多いと思いますが、皆さんの目標は何でしょうか?

    私はマラソンをし始め早や5年が経ちますがハーフマラソン自己ベスト更新とフルマラソンにも挑戦したいと思います。

     

     

    さて今日は毎回、意欲的に自主訓練に励まれているご利用者様をご紹介させて頂きます。

     

    H様とY様です。手すりを把持しての立ち上がりです。立ち座り動作の安定性の獲得はもちろんですが両下肢の筋力強化や立位のバランス強化、

    下肢筋を働かせる事で血液の循環を良くし痛み軽減を図る等の基礎的な訓練としての意味もあり熱心に取り組まれています。

     

     

    I様です。「しこ踏み」と「良肢位での立位」です。撮影した写真を見て頂き「しこ踏み」では膝関節の角度が良く曲がっている事「良肢位での立位」

    では背中が真っ直ぐ伸びている事を再確認でき喜ばれていました。股関節の可動域の拡大や円背の予防に役立ちます。

     

     

    ご利用者様のリハビリに対する熱意を日々拝見でき私もマラソン練習を頑張れています。ご利用者様同士も「○○さんが頑張っているから私も」等、

    よく耳にします。リハビリを頑張っている姿は相乗効果を生みます。ケアプラスへの体験・見学をお待ちしています。

     

    春にはまだ遠い季節ですが健康には十分に気を付けてお過ごし下さい。