実績報告
  • ケアプラスリハビリNEWS 5月号 「できリハ歩行動作楽しい散歩の継続」 リハビリNEWS 2019年05月01日

    ケアプラスは、ご自宅リハビリパックを活用し、継続して実施できる簡単且つ効果的な自主訓練を提供しております。
    今回、ご紹介させて頂くN様は、楽しみの一つである散歩を継続したいという目標を持ち意欲的に機能訓練に取り組まれています。以前は、歩行の不安定性がみられ、「今後転倒なく生活できるか?」という不安があったとのことです。また、デイサービスでの 機能訓練を週に一回しか受けられない不安もあったそうです。ケアプラスでは、デイ以外の時間を有効活用する為、ご自宅リハビリパック『足裏健康法!足裏を整え安定した歩行獲得グッズ』をご提供しました。

    年齢やそれに伴う生活スタイルの変化等々高齢により足底への刺激が減少する事も歩行の不安定性を助長する理由の一つに上げられます。当グッズは、①足底への刺激量を増幅する、②圧刺激で足内の関節を動かしアライメントを整える事を目的としています。N様はデイでの機能訓練とご自宅リハビリパック等での自主訓練を継続し、徐々に歩行時のふらつきが軽減しました。N 様も「ふらつきが少なくなり安心して散歩ができている。」と喜ばれております。
    一日十回でも体を動かすと年間三千六百五十回体を動かす計算になります。数字を改めてみると“継続は力なり”の意味が再認識できますね。

     

    ケアプラスで実施している“できリハ”をご存知でしょうか?
    “できリハ”とは、国際基準であるBI(バーセルインデックス:基本的生活動作)を基に日常生活動作に着目したリハビリテーションの取り組みです。
    ケアプラスでは、昨年度より積極的に利用者様のBIを測定し、その軌跡を追ってきました。その結果を踏まえ標的動作を焦点化し、機能訓練士による個々に沿った様々な介入により多くの方の生活動作に変化を見出してきました。
    また、“できリハ”の活動の基盤となるBIの取り組みが認められ、中予三事業所においては平成三十一年度より【ADL維持等加算算定事業所】に認定されました。

     

    ケアプラスでは、随時見学や体験を職員一同心よりお待ちしております。何かありましたらお気軽にお問い合わせください。