実績報告
  • ケアプラス道後持田 リハビリ便り ご自宅リハビリパックで安全な歩行の獲得 道後持田だより 2019年02月20日

    皆様こんにちは。ケアプラスデイサービスセンター道後持田、作業療法士の高橋がブログをご紹介します。

     

    椿祭りも終わり、徐々に過ごしやすい気候となって参りましたが、皆様体調はいかがでしょうか?全国的にインフルエンザ、都会でははしかの感染が広がっていますので、まだまだ油断せず体調管理を徹底していきましょう。

     

     

    今回は、ピックアップ歩行器での歩行安定性を目指しご自宅リハビリパック「着替えよう。鍛えよう。グッズ」で以前より自主訓練を意欲的に継続されていた方に良い変化がみられましたのでご紹介致します。

     

    まずは、「着替えよう。鍛えよう。グッズ」のご紹介です。

    このグッズはループ状のゴムチューブに座位、もしくは立位で手足を通す事で更衣動作の模擬動作訓練が実施できるグッズです。また、ゴムチューブ本来の使用方法で筋力強化訓練を実施する事も可能です。

     

    この利用者様はピックアップ歩行器で安全に屋内移動を実施する必要があり、筋力や動的バランス、立位動作の安定が必要でした。当初は疲労感やふらつきがありフラットな屋内でも不安定性がありました。

     

    訓練1 筋力強化訓練

    ※下肢・体幹に焦点を当て、キッキングや足関節運動を実施。

     

     

    訓練2 立位でのもの拾い

    ※ゴムチューブは形状(輪っか、高さがある)・素材(摩擦力)から拾いやすいものであり、その特性を活かし訓練2の課題に採用。

     

     

    上記の課題を自主訓練として実施して頂きました。

     

    機能訓練と並行し自主訓練を意欲的に実施した結果、屋外での歩行も安定してきており、屋外での歩行距離増幅、易疲労性の改善がみられ、自信向上にも繋がっております。また、肝心な屋内移動も転倒なく実施できております。

     

     

    ケアプラスではADL・QOLを視野に入れた適切な機能訓練の提供に日々取り組んでおります。また、今後もご自宅リハビリパックを活性化し、どの方でもご自宅訓練が楽しく活性化できるように努めて参ります。気になる方は一度ケアプラスへお越し下さい。心よりお待ちしております。