実績報告
  • ケアプラス大洲 ~相談員便り~ 『ケアプラスとしてできる事』 大洲 相談員だより 2018年07月19日

    皆様こんにちは。

    ケアプラス大洲 生活相談員の淺倉です。

    今回の大豪雨による被害は大きく、大洲市では未だ困っておられる方が多くおられます。被災されました方に心よりお見舞い申し上げます。

    連日の猛暑により作業もなかなか進まず、県内外から多くのボランティアさん達のお力を借りながら復旧に向け頑張っています。

    そんな中、ケアプラス大洲は幸いにも被害が少なく通常営業を行っておりますが、水害により営業が出来ない事業所も出ており、外出が出来ず自宅や避難所での生活を余儀なくされ、入浴や飲料水に困っておられる方々や、猛暑により精神面や体力面が低下してきている方がおられるとのお話しも多々お聞きしています。

    胸の痛むお話しに耳を傾けながら、私達も自分たちに何が出来るのかを一生懸命探しています。

    そこで今回、被災された皆様へ『ケアプラスとしてできる事』として、7/23までの間、お風呂の一般開放を行っていますが、ご存じでない方もおられると思い、ブログより発信させて頂きます。該当事業所は大洲・宇和島・北宇和島のケアプラスデイサービスセンターです。

    男性は16時~17時、女性は17時~18時となっており、タオルのみご持参をお願い致します。(送迎サービスは行っておりませんのでご了承下さい。)

    また、ショートステイが被災し利用出来ない事に加え、これまで通っていたデイサービスの復旧目途が立たず困っている。という方も少なくないのではないでしょうか?

    ケアプラス大洲では、被災された方の一時的な受け入れも行っており、通い慣れたデイサービス復旧までの間、ケアプラス大洲をご利用頂く事も可能です。

    送迎、入浴、食事等々。もちろん機能訓練(リハビリ)も行っておりますが、その方に今、必要なサービスをご提供させて頂いております。

    こんな時だからこそ、助け合っていかなければなりません。

    今の私達に出来る事を精一杯させて頂きます。

     

    不安に感じている方、困っておられる方、そんな方々に笑顔がお届けできる様、ケアプラス大洲職員一同、一人でも多くの方からのご連絡を待ちしております。

     

    ★次回ブログではこれまで通り皆様の明るい笑顔をお届け致します!

    被災された皆様に少しでも元気が戻ります様に…(^_-)-☆