「できリハ」始まります。

こ利用時間すべてが生活動作訓練。来ればできる、できれば楽しい、できるためのリハビリテーション

こ利用時間すべてが生活動作訓練。
来ればできる、できれば楽しい、できるためのリハビリテーション

できリハとは、Barthel Index評価に注目し、デイサービスセンターヘの送迎、運動、食事、入浴、トイレ、リハビリ、レクリエーションなど全てのアクティビティを日常動作訓練とし、評価、計画、実行していきます。ご家庭の日常生活を「できる」に変えていくことを目標にしていきます。

ケアプラス できリハ評価

Barthel Index評価を下敷きにケアプラスオリジナルの「できリハ評価」を設定。

評価担当によって揺れる主観的評価から、数値化できる客観的評価を定期的に行います

ケアプラス PDCAサイクル

ご利用者様のニーズやできリハ評価で点数が低かった項目を参考にセラピストの視点も入れながら優先すべき克服課題を機能訓練巨標として設定(Plan) 。

できリハ評価で明確化された課題克服に向けリハビリを実施します(Do) 。6か月後の再評価 (Check) を経て、サイクルを再実施(Action) していきます。

できリハ ガンバ通貨制度

デイサービスセンターヘの送迎、運動、食事、入浴、トイレ、リハビリ、レクリエーションなど全てのアクティビティを日常動作訓練として評価し、タイムリーにデイ内通貨ガンバ通貨を支給。

やったらできた!を、わかりやすい「模擬のお金という形」にしてモチベーションを高めます。