実績報告
  • ケアプラス道後持田 リハビリ便り 「立ち上がりをしやすく」 道後持田 2019年06月12日

    今回のブログはケアプラス道後持田の理学療法士、神崎晴年が担当させていただきます。宜しくお願い致します。

     

    とうとう松山にも梅雨がやってきましたね。これで水不足解消に繋がればいいのですが・・・。そんなじめじめした梅雨の中、私は早一ヶ月経つ新婚生活を毎日楽しく過ごしております。皆さんもこの梅雨の時期は身体を動かすなどして楽しく過ごしてみてください!!

    ケアプラスデイサービスセンター道後持田では膝に悩みを抱えている方が健康に、元気になるために日々身体を楽しく動かしております。

    上写真の通り、脚の間にボールを挟んでいますね。これは変形性膝関節症の方は脚が広がった状態で立ち上がろうとするので、それを防ぐためにボールを挟んでおります。また、脚が広がった状態で立ち上がると膝の痛みが出現しますので痛みの予防にも繋がります。

     

     

    このボールを挟んだ状態で立ち上がることで脚が広がることなく、また膝が前方を向いた状態になり楽に立ち上がることができます。

    これを繰り返し行い、ボールが無くても脚が広がらなくなるようにしていきます。そうすれば、ご自宅でも膝の痛み無く、安定して立ち上がる事が出来るようになります。

     

    簡単な事ではありますが、このような動作訓練が健康な体づくりに繋がっていきます!!

     

    ケアプラスでは、日常生活にありふれた生活用品を使った「ご自宅リハビリパック」というアイテムで簡単なリハビリ運動を提案しております。今回のブログに協力して頂いた利用者様もご自宅リハビリパックで「ボールのようなハリのある筋力作りグッズ」を交換して頂き、私が作成したオリジナル運動メニューを見ながら運動して頂いております。

     

    本人様も「何とか頑張ってます」と前向きに取り組まれております。

     

    ケアプラスデイサービスセンター道後持田では、このような簡単な運動なども機能訓練指導員が利用者様一人ひとりに的確にアドバイスや指導をしております。

    是非、雨の日にご自宅で運動をしたいと思っている方、夏に向けて健康的な身体を作りたい方は一度ケアプラスデイサービスセンター道後持田にお越しください。