実績報告
  • ケアプラス宇和島 ~相談員便り~ 『ご希望に合わせたリハビリを』 宇和島 相談員だより 2018年02月13日

    皆さま こんにちは。

    立春を迎え、春まで後一息かと期待していましたが、

    期待に反し残念ながら先週は今年一番の大寒波が到来しました。

    少なくともここ数年は味わったことのない雪の多さと続く寒さに、ご利用者様からも、少々ウンザリと言った声が…。

    そして、この寒さにご利用者様からも「膝の痛みがつらい」「寒いとトイレが近くて夜眠れない」など、冬ならではのお悩みの訴えがいつもより多く聞かれます。

    しかし、そんな寒さと雪にも負けず、ケアプラス宇和島にはたくさんのご利用者様が、それぞれの楽しみや目標を持ってご利用されています。

    そこで、今回はケアプラスで取り組んでいます学習療法と生活リハビリの一部をご紹介いたします。

     

    学習療法に取り組まれている様子です。

    ケアプラスでは、ご家族やご利用者様のご希望により、

    「物忘れ」や「言葉の出にくさ」の気になる方など、公文の学習療法教材を使用して、『簡単な読み・書き・計算』に取り組んで頂いております。

    問題を解くことだけではなく、学習療法をパートナーと行うことでコミュニケーションの機会が増え、正解する喜びでいつもと違った笑顔になり、更に脳が活性化されます。こういった方法も認知症予防のためには必要なことです。

     

     

    上の写真は、生活リハビリの一環として、タオル干しに取り組んで頂いているところです。

    「歳を重ねるたび、家での役割が減ってきた」

    「自分のものくらい自分で干したい」

    との声が女性のご利用者様から多くあり、少しでも役割を持って生き生きとした生活をして欲しいとの願いから、職員と一緒に取り組んで頂いております。

    今回は、学習療法と生活リハビリの一部をご紹介いたしましたが、この他にもお一人お一人のご希望、ご要望を伺い、それぞれの生活に合わせた様々なリハビリを提供させて頂いております。

     

    ケアプラスで心頭体のリハビリに取り組み、暖かい春をご一緒に迎えませんか?

    ご見学や一日体験利用も随時承っております。

    お気軽にぜひ一度、ご連絡ください。