実績報告
  • ケアプラス垣生 リハビリ便り 庭仕事を楽しく続けたい利用者様へのアプローチ 垣生 2018年02月09日

    こんにちは。ケアプラス垣生、作業療法士の神崎です。

    節分も終わり春が近づいてきていると思いたい寒さが続いていますね。自転車通勤の身にはマフラーと手袋がまだまだ欠かせません。

     

    今回は、庭仕事を毎日安全に行えるように機能訓練を取り組んでおられる利用者様をご紹介したいと思います。

     

    庭仕事は草むしりや水遣りなど、しゃがみ動作、立ち上がり動作、歩行動作など体に負担がかかる作業です。また、足場が不安定な場所であるため転倒するリスクも高いです。

    この動作を安全かつスムースに遂行するには、『作業を最後まで行える体力』、『安全に動けるバランス能力』、『草むしりや物を持つのに必要な握力』が必要となってくると考えました。これらの能力を獲得できるように以下の機能訓練を実施しました。

     

    庭仕事の際、「歩いたり立ち上がる時にふらついたり、よく疲れたりする。」と仰っておりましたので、『体力向上』及び『バランス能力に必要な下肢筋力向上』を目的にエアロバイクExをして頂きました。

     

    また、平行棒内で実際に歩いて頂きました。実際に歩くことで、『歩行に必要な筋力』を付けたり、『姿勢の修正』にバランス能力を向上させることが出来ます。

     

    動作時のふらつきを軽減させるためには、バランス能力を向上させる必要があります。そのため、『バランス能力に必要な体幹筋力の向上、柔軟性の向上』を目的としてスリングExをして頂きました。

     

    庭仕事で草を引いたりと握力が必要な作業が多い為、『握力の向上』目的でハンドグリップによる握力訓練をして頂きました。

     

    これらの機能訓練を数ヶ月にわたって行って頂きました。その結果、「体が前より動きやすくなった。」と仰っておりました。今後も継続して機能訓練を実施していき、安全にご自宅での生活を遂行できるようにサポートしていきたいと思います。

     

    ご自宅での生活をより楽しく安全に送りたいと思っている方は、一度ケアプラス垣生を体験しみてはいかがでしょうか?