ケアプラス株式会社

心頭体の新しいリハビリ

ケアプラス大洲 リハビリ便り 「できリハ」への取り組み

ケアプラス大洲 リハビリ便り 「できリハ」への取り組み

皆さん、こんにちは。

ケアプラス大洲、理学療法士の宮中です。

 

最近は春めいた季節となり、外出日和といった感じではないでしょうか。

体が動かしやすい季節になりましたので、天気のよい日には散歩に出掛けてみては如何でしょうか。

 

今回の投稿では弊社が推し進めている「できリハ」の取り組みについて利用者様のリハビリの様子を交えてご紹介させて頂きます。

「できリハ」とはできることを増やすリハビリということを使命にご自宅や施設で過ごされている利用者様の生活の質改善に努めております。また「利用時間すべてが生活動作訓練、くればできる、できれば楽しい、できるためのリハビリテーション」を合言葉にスタッフ一同取り組ませて頂いております。

 

今回ご紹介しますM様は以前の投稿ではトイレ動作における下衣動作の練習風景をご紹介させて頂きました。

 

 

今回は次段階として上衣動作の取り組みについて紹介させて頂きます。

上衣動作においては空間認識も問われることからなかなか難しい課題ではありますが、半袖、長袖と試行錯誤しながらM様にとって行いやすい長袖から取り組んで頂いております。施設利用時はもちろんのこと、在宅でも宿題として取り組んで頂きながら練習量確保に努めて頂いております。

 

 

取り組む中では壁にもぶつかりながらのリハビリではありますが、徐々にコツを掴んで頂いており、最近では口頭指示があればできることも増えてきております。

 

下衣動作に比べれば道半ばといった感じですが、これからもリハビリを通してできることを増やし、成功体験と通じて自信回復に繋げられる支援ができればと考えております。

 

弊社では「できリハ」というキャッチコピーを胸に2018年度もよりよいリハビリテーションをご利用者様に提供できるよう取り組んで参ります。

また施設見学・体験利用なども随時受け付けておりますのでお気軽にお問い合わせ下さい。スタッフ一同、心よりお待ちしております。

 

この記事を読まれた感想をお聞かせください!!
  • 素晴らしい (6)
  • もっと聞きたい (2)
  • もうひとつ (1)

« »