ケアプラス株式会社

心頭体の新しいリハビリ

大洲だより

ケアプラス大洲 介護員だより ~頭すっきりイベント~

皆様、こんにちは。ケアプラス大洲介護職員の小野です。

朝夕と肌寒さを感じるようになり、秋を感じさせる気候になりました。季節の変わり目は風邪をひきやすいので体調には十分に気を付けてくださいね。

今回のブログでは、107日に行われた『頭すっきりイベント』の様子をお伝えしていこうと思います。まずは「マルチタスクトレーニング」から!その場で足踏みをして頂きながら、秋の物を答えて頂きました。頭を働かせながら足踏みをするのはなかなか難しく、なかには考えるのに夢中になってしまい足踏みを忘れてしまう方も!(笑)大盛り上がりでした。

次に「時計文字パズル」です!空いているマスに文字を入れて国名や日本昔話の題名になるようにするのは難しく、頭を抱えている方が多く見られました…。周囲の方と協力して答えを見つけた時は、満面の笑みを浮かべておられました。

最後は「連想ゲーム」です!連想ゲームでは、3つのヒントを出して答えて頂きました。頭の回転が速く、ヒントを3つ出す前に分かっておられる方もいました。難しい問題もいくつかありましたが協力しながら行い、笑顔と笑い声の多い一日となりました。

利用者様が楽しみにされているように、私も日曜日のイベントが楽しみです。他にも日曜日には沢山のイベントが行われています。

この日は「ハロウィンゲーム大会」という事で、「福笑い~ハロウィンver.」と「ハロウィンボーリング」を行いました。

まだ参加されたことがない方は、ぜひ参加してみて下さい。

ケアプラス大洲 ~相談員便り~ 『音楽で心も体も元気になろう』

朝晩は肌寒くなり、秋めいてまいりました。

皆さま、いかがお過ごしでしょうか?

 

今回の相談員ブログの前に、先ずは自己紹介を。

はじめまして。ケアプラス大洲の生活相談員 美國と申します。

皆様のお役に立てられるよう精進して参りたいと思いますので何卒宜しくお願い申し上げます。

 

 

さて今回のブログでご紹介するのは、毎月行っております大人気のイベント『音楽療法』です。

音を楽しむと書いて「音楽」

ケアプラス大洲でも人気のある「音楽療法」ですが、私も音楽が大好きで、以前はバンドを結成し、ベース担当として利用者の方達の前で演奏していました。

ベースを引く事が10代のころからの夢だったので、遅咲きのベーシストです(笑)

 

まず音楽療法は、音楽を通して、脳を活性化させるリハビリテーション法の一つです。

好きな音楽を聴いたり、カスタネットやタンバリンなど簡単な打楽器を奏でる、歌あわせて踊る、カラオケで歌うなど方法は様々です。

  

音楽に合わせて歌ったり、楽器を使って音を奏でられ、楽しく生き生きとした表情で音楽療法の時間を過ごされています。 

 

脳を活性化させるばかりでなく気持ちをおちつかせるリラクゼーション効果もあり食欲増進に繋がったり、ぐっすり眠れる、また笑顔が増えるなど様々な効果を生み出しています。

ADL(日常生活動作)の向上にも繋げる事が出来き、歌うことで発声や発語、嚥下、運動機能が高まる事で、身体機能の維持・向上にも役立ちます。

 

皆さんもケアプラス大洲で懐かしい歌を皆さんで一緒に歌ったり、楽器を使って身体を動かしてみませんか?

 

今月25日は、音楽療法イベントを開催予定です。ご興味をお持ちの方は是非ご参加ください。

振替・追加ご利用も承っておりますので、お気軽にスタッフにお問い合わせください。

また18日には「ケアプラス体しっかり大運動会」を行います。スポーツの秋でもありますので日々のリハビリの成果を発揮しましょう。

 

 

ケアプラス大洲 看護師便り ~秋にかかりやすい病気~

皆さま、こんにちは。

ケアプラス大洲、看護師の石川です^^

 

10月に入り、更に気温が下がってきましたね。

身体がまだついてこれず、体調を崩される方も多いのではないでしょうか。

特に体力、免疫力が低下しているご高齢の方々は体調を崩しやすい時期です。

そんな時期に多く見られる病気には、以下のようなものがあります・・・

 

■ 食中毒

食中毒が一番多いのは夏のイメージではありませんか。

実は、10月に食中毒になることが一番多いそうです。

 

■ 風邪や花粉症

夏バテなどで体力や免疫力が低下しているまま「秋」を迎えてしまい、夏の生活スタイルを続ける事で風邪や花粉症にかかる方が多いと言われます。

 

■ 喘息

秋は気温が低下するのに加えて湿度も低下します。

空気が土表付近に停滞しやすいため、喘息の症状が出やすくなると言われています。

 

■ うつ

秋になると日照時間が短くなり、太陽の光を浴びることが少なくなります。

人の体は太陽の光を浴びると「セロトニン」という気持ちを明るくしたり、やる気を出すためのホルモンを生成します。しかし日照時間が短くなる秋口になると太陽光を浴びる時間が減少し、セロトニンが減少することでうつになりやすくなるとも言われています。

 

以上の点を踏まえ、これらの予防対策についてお伝えします。

 

1 第一に手洗い・うがいを徹底しましょう。

 

2 日常的に触れる手すり・テーブル・椅子などこまめにアルコールや塩素系の消毒剤で消毒しましょう。

 

3 睡眠を十分にとり、夏の疲労を回復するためにタンパク質・ビタミン・ミネラルをバランス良く摂り、体調を整えましょう。

 

 

4 ストレスを貯めず、マイペースで適度に身体を動かしましょう。 

自己管理も大切ですが、

ケアプラスデイサービスセンター大洲では、利用者様が安心して過ごして頂けるよう日々皆様の健康管理に従事させて頂いております。

 

この秋、体調管理に気をつけ有意義な時間を過ごして下さい。

 

では次回、またお会いしましょう。

ケアプラス大洲新聞10月号が更新されました

みなさん、こんにちは。

大洲地方は鵜飼シーズンも終わり、めっきり秋めいた季節となってきましたが、皆さんの周辺は如何でしょうか。過ごしやすい季節となりましたので、皆さんも自宅周辺を散歩するなど秋を探してみては如何でしょうか。

さて、秋は食欲の秋、運動の秋とも言われます。

過ごしやすい季節となりましたので、私たちと一緒に体を動かしてみては如何でしょうか。

 

さて、今回の大洲新聞では9月に行われましたイベントについて掲載させて頂きたいと思います。

まずは9月17日~23日の間を敬老週間とし、その週は敬老のお祝いとして毎朝100ガンバと名札をプレゼントさせて頂きました。この期間中は『ビンゴ大会』も開催し、たくさんのガンバも獲得して頂きました。名札は早速カバンにつけて頂き、喜びの声も頂きました

 

次に9月20日には毎月恒例の音楽療法が開催されました♪

音楽療法では毎回同じ曲からスタート!さすが皆様、覚えておられ最初から大きな声で歌われておりました。9月はお月見という事で、「月」にちなんだ曲をみなさんで合唱。歌を通して秋の訪れを感じる事が

出来たのではないでしょうか…。

 

最後に毎週日曜日にはケアプラスの合言葉である「心・頭・体」にちなんだイベントを準備して楽しんで頂きました。日曜日は平日くらべ少人数ではありますが、少人数ならではの楽しみもありますので日曜日もいいものですよ。

 

さあ、10月のイベント紹介になりますが、秋と言えば運動会。ケアプラスを上げての2大イベントの一つが開催されます。是非、参加されたことのない方は体験してみては如何でしょうか。

以下、10月のイベントスケジュールになります。

  • 18日(木)ケアプラス体しっかり大運動会!
  • 25日(木)大好評!音楽療法♪
  • 28日(日)10月のお誕生会~皆でお祝いしましょう♪~ 

                                                              

お誘い合わせの上、是非ともご参加下さい。皆さまのお越しを職員一同お待ちしております。

 

ケアプラス大洲 リハビリ便り 全人間的復権について

皆さん、こんにちは。

ケアプラス大洲で理学療法士をしています宮中です。

 

最近、めっきり朝晩冷え込み日が増え、秋めいた季節となってきました。過ごしやすい季節でもありますが、同時に食欲の秋、運動の秋とも言われますので、是非自宅周辺を散歩してみては如何でしょうか。秋を感じるものに出会うかもしれませんよ。

 

さて、今回のブログでは弊社のリハビリで力を入れている「できリハ」について皆さんと一緒に考えてみたいと思います。

 

そもそも「できリハ」とは弊社が作った造語でもありますが、利用者様が私たちと共に歩むリハビリを通してできる事が一つでも増えて欲しいという思いから「できリハ」という合言葉に取り組ませて頂いております。

 

リハビリテーションとは Rehabilitationの語源は、Re(再び)、Habilis(適合、もとの状態に戻す)、tion(すること)からなり、「再び適合すること」という意味になります。 … わが国ではリハビリテーションとは「人間らしく生きる権利の回復」すなわち「全人間的復権」という訳語が最も適当といわれています。

 

そんな意味をなすリハビリの語源においてケアプラスでは利用者様が一つでも日常生活においてできる事を増やすことができるよう国家資格を有したセラピストの個別リハビリを提供しております。

 

また、リハビリNEWSとして毎月、利用者様の喜びの声を新聞にしてケアマネージャー様等にもお届けしております。

 

ケアプラスでは私達との出会いを通して利用者様が一つでもできる事増やし、その人らしく生きることをご支援できればと思いながら日々のリハビリを提供させて頂いております。

 

見学・体験利用については随時受け付けておりますので、お気軽にお問合せ下さい。

皆様と一緒にリハビリができる事、リハビリスタッフ一同お待ちしております。

ケアプラス大洲 介護員だより~8月の音楽療法~

皆様、こんにちは。ケアプラス大洲介護職員の松浦です。

私がケアプラス大洲に入社して半年が経ちました。まだ慣れない事も色々ありますが、利用者様の笑顔から日々元気を貰っています。私も利用者様に負けない笑顔で頑張りたいと思いますので宜しくお願い致します!

さてこの度、初めてブログを務めさせて頂く事となりました。作文は苦手な私ですが、ぜひ最後までご覧ください(笑)

 

今回のブログは8月に行われた音楽療法イベントをご紹介したいと思います。8月ということでテーマは「夏」。

毎回恒例の“兎のダンス”を歌って音楽療法が始まります。次に、“うみ”、“我は海の子”、“夏の思い出”、“栄冠は君に輝く”、“高原列車は行く”、“お祭りマンボ”と夏に因んだ歌を歌い、利用者様も職員も皆で夏を感じました。

いつも色々な種類の楽器を音楽療法士の坂本さんが持ってきてくれるのですが、今回はその中でも波の音を再現できる楽器がありました。目を閉じるとまるで海に来たかのような…そんな楽器を使って利用者様みんなで夏を奏でました。

最後は坂本さんが三味線を弾き、“黒田節”で幕を閉じました。今回は皆様で存分に夏を感じた音楽療法となりました。

初めて音楽療法に参加された利用者様も表情はとてもにこやかで、とても楽しまれているご様子でした。あっという間に時間が経ってしまい、利用者様の中には「終わってしまった」と残念そうに言われる方もいらっしゃいました。

利用者様が毎回楽しみにされているように私も音楽療法がとても楽しみです( ´∀` )

まだ参加されたことがない方は是非一度ご参加ください!

 

9月の音楽療法イベントは20日(木)に開催されます。

次回のケアプラス大洲のブログもお楽しみに!!

ケアプラス大洲 ~相談員便り~ 『笑顔』

9月に入ったとはいえ残暑厳しき折、皆さまはお変わりなくお過ごしでしょうか?

 

7月は水害により今もまだ大変な思いをされておられる方が多くいらっしゃいます。

更には台風の被害や地震と今年は全国規模で災害が続いており、心が痛む日が続いております。

少しでも早く元の生活に戻られるよう祈るばかりです。被災された皆様には心よりお見舞い申し上げます。

 

され、ご挨拶が遅れましたが、私は、7月よりケアプラスデイサービスセンター大洲で相談員をさせて頂いております清水と申します。

先日まではケアプラスデイサービスセンター宇和島に在籍させて頂いており、何度かブログも更新させて頂いておりましたので、名前を見た事あると思って頂ける方がいらっしゃいましたら幸いです。

大洲という土地は初めてですので、何かと慣れない事ばかりですが、新たな出会い・新たな発見を楽しみに今後とも頑張って参りますのでよろしくお願いいたします。

 

さて今回私がブログのテーマにさせて頂きましたのは、『笑顔』です。

毎日、ご利用者様の笑顔に元気を頂いておりますので、ご紹介いたします。

 

 

いつも素敵な笑顔を見せて下さいます、ご利用者様のK様です。

お迎えに行かして頂く時から笑顔が絶えず、他のご利用者様や職員にいつも優しくお声かえして頂いております。

 

 

 

左に写っていらっしゃるI様はご利用開始され間もない方ですが、お友達も出来き、笑顔で過ごして頂いております。

 

皆さんが笑顔でレクリエーションを楽しんで頂いております。

 

 

日々のリハビリも笑顔で頑張って頂いております。

認知症の進行を予防するうえで運動方法や食事内容など紹介されている物はたくさんありますが、最近では笑顔でいる事で、認知症の進行予防に繋がると言われております。

しかし認知症の予防に繋がるからといって無理に笑顔になる事はしんどい事ですよね。

楽しい、嬉しい、おかしい、など思わず笑顔になってしまうような時間をケアプラスデイサービスセンター大洲では過ごしてもらえるよう日々努めております。

皆さんも是非ケアプラスデイサービスセンター大洲でクスッと笑ったり、お腹を抱えて大笑いできるような素敵な時間を一緒に過ごしてみませんか??

ケアプラスデイサービスセンター大洲では随時見学・体験ご利用を承っておりますので、ご連絡お待ちしております。

9月イベント情報

・9/17~9/23の一週間をシルバーウイークデーとして色々な事を企画しております。

・9/20 音楽療法イベント

・9/30 誕生会

 

※追加・振替ご利用も可能ですので、ご希望の方はお声掛けください。

ケアプラス大洲 看護師便り ~秋バテを解消~

皆様こんにちは^^ ケアプラス大洲、看護師の石川です。

少しずつ朝、夕が過ごしやすくなってきましたが、皆様体調などくずされていませんか?

 

全国的に猛暑が続いたこの夏。

「夏バテ」になってしまった方もいらっしゃるのではないでしょうか。

9月に入り、そんな不調からもそろそろ回復してくるはず・・・・なのに、まだ体がだるい。

どうしてだろう・・・??

と思われている方がいらっしゃったら、もしかすると「秋バテ」かもしれません。

この「秋バテ」、まだご存知ではない方の為に症状などを調べてみました。

 

 ◇症状(夏バテは暑さ真っ盛りの時期。秋バテは涼しくなる9月以降)

・疲れやすくだるい

・食欲がない  胃がもたれる

・よく眠れない

・立ち眩みや眩暈がする

・頭痛や肩こりがする

・便秘や下痢

・・・こんな症状が続くと気分も滅入ってしまいますよね;

 

では、秋バテになってしまった場合の対処法もお伝えしておきますね。

◇大きな原因は自律神経の乱れと、それによる循環の悪化。これを改善させる。

・ややぬるめの入浴(副交感神経が優位になる)

・30分ほどの軽めの運動を毎日続ける

・適切な服装で体温調節

・冷たいものを控えて暖かいもの、ビタミン豊富な物をよく噛んで食べる

 (豚肉や納豆はビタミンB1が豊富で自律神経を整える働きがあるそうです)

・マッサージや寝る前の腹式呼吸など、リラックス効果がある

 

 

ということで、ケアプラス大洲では機能訓練指導員が個別に組んだプログラムのもとで

ご利用者の皆様、毎日楽しまれながら運動を行われてます。

この運動・・体力維持以外に、食欲の増進、適度な疲労感から夜もぐっすり眠れる、という効果もあるんですよ。

そして、やはり外出して人と交流をすること。

誰かと一緒に、お話ししながら、笑いながら過ごす時間を持つことは心身に良い効果を与えてくれます。

ケアプラス大洲では、ご要望に応じたリハビリや交流が広がるレクリエーションをご用意し、楽しい一日を過ごしていただけるよう、各専門スタッフが一同となり皆様のお越しをお待ちしております。

 

季節が少しずつ変わり始めてますので、秋バテにならないよう体調にお気をつけてお過ごしください。

それでは、また次回も宜しくお願い致します。