ケアプラス株式会社

心頭体の新しいリハビリ

大洲だより

ケアプラス大洲 ~相談員便り~ 『ケアプラスとしてできる事』

皆様こんにちは。

ケアプラス大洲 生活相談員の淺倉です。

今回の大豪雨による被害は大きく、大洲市では未だ困っておられる方が多くおられます。被災されました方に心よりお見舞い申し上げます。

連日の猛暑により作業もなかなか進まず、県内外から多くのボランティアさん達のお力を借りながら復旧に向け頑張っています。

そんな中、ケアプラス大洲は幸いにも被害が少なく通常営業を行っておりますが、水害により営業が出来ない事業所も出ており、外出が出来ず自宅や避難所での生活を余儀なくされ、入浴や飲料水に困っておられる方々や、猛暑により精神面や体力面が低下してきている方がおられるとのお話しも多々お聞きしています。

胸の痛むお話しに耳を傾けながら、私達も自分たちに何が出来るのかを一生懸命探しています。

そこで今回、被災された皆様へ『ケアプラスとしてできる事』として、7/23までの間、お風呂の一般開放を行っていますが、ご存じでない方もおられると思い、ブログより発信させて頂きます。該当事業所は大洲・宇和島・北宇和島のケアプラスデイサービスセンターです。

男性は16時~17時、女性は17時~18時となっており、タオルのみご持参をお願い致します。(送迎サービスは行っておりませんのでご了承下さい。)

また、ショートステイが被災し利用出来ない事に加え、これまで通っていたデイサービスの復旧目途が立たず困っている。という方も少なくないのではないでしょうか?

ケアプラス大洲では、被災された方の一時的な受け入れも行っており、通い慣れたデイサービス復旧までの間、ケアプラス大洲をご利用頂く事も可能です。

送迎、入浴、食事等々。もちろん機能訓練(リハビリ)も行っておりますが、その方に今、必要なサービスをご提供させて頂いております。

こんな時だからこそ、助け合っていかなければなりません。

今の私達に出来る事を精一杯させて頂きます。

 

不安に感じている方、困っておられる方、そんな方々に笑顔がお届けできる様、ケアプラス大洲職員一同、一人でも多くの方からのご連絡を待ちしております。

 

★次回ブログではこれまで通り皆様の明るい笑顔をお届け致します!

被災された皆様に少しでも元気が戻ります様に…(^_-)-☆

 

ケアプラス大洲 看護師便り ~夏の食中毒にご用心~

皆様、こんにちは。

ケアプラス大洲看護師の石川です。

全国各地で、大雨による災害が発生しました・・・ここ大洲でも、河川が氾濫して水害・土砂崩れが起きました。

被害に遭われた方々に心よりお見舞い申し上げます。

 

7月に入り、気温もグンと上がってきましたが、皆様、体調はいかがでしょうか。

 

今の時期、我が家では、梅干しをつけている最中です。

この前、ちょうど土用干しをいてる最中ににわか雨が降り出し、慌てて梅干しを入れました。

今現在、台所には梅40キロがずらり並んでいます。

おにぎりはもちろん梅干し入りで、食卓には欠かせません。

梅干しには殺菌効果があるので、お弁当箱に入れてる人も多いですよね^^

 

・・・ということで、

今回は、梅雨から夏にかけて増える食中毒についてお話ししたいと思います。

 

細菌による食中毒の代表的なものには、

・ノロウイルス

・カンピロバクター

・サルモネラ菌 

・ウェルシュ菌   (←患者数の多い順)があります。

 

腹痛や嘔吐、下痢、発熱などの症状が現れてしまった時・・

「ただの食あたり」と考えて自己判断で薬を飲むのは危険な場合があります。

○下痢止め・・・無理に下痢を止めると、腸内に病原菌を閉じ込めて異常増殖させてしま

う。

○痛み止め・・・腸の痛みを抑える成分が含まれていることがある。

        腸の内容物を長時間体内にとどめ、毒素の吸収をうながしてしまう。

○抗生物質、抗菌剤・・・病原菌を殺すことで菌体内の毒素が大量放出されることがある。

           また、薬によって菌が死ぬため、病原菌が特定できない。

 

食中毒が疑わしい時の対応としては、

ただちに受診すること。

体内の水分が失われているので、常温のお茶や湯冷ましなどで水分補給すること。

この2つは、重症化を防ぐために大切なことです。

 

そして、そうなる前に大事な予防対策は

【日頃からの手洗い・消毒の徹底】

これがもっとも効果的な予防法なのはご存知ですよね?

 

 

ケアプラス大洲では、手洗いはもちろん、アルコール消毒を徹底して行っています。

皆様が安心して過ごして頂けるよう、日々考えています。

暑い季節を迎え、蝉の鳴き声も響き始めてきましたが、ケアプラス大洲も変わらず賑やか

な声が響いています。

皆様のお越しをお待ちしております^^

ケアプラス大洲 リハビリ便り 体を動かしてジメジメした気持ちを乗り切ろう

皆様こんにちは。ケアプラス大洲、作業療法士の山口です。

梅雨に入っている為に中々晴れ間が見えない日が続いております。雨というだけで憂鬱になってしまいますが、そんな時こそ体を動かしていき、元気に過ごしていきましょう。またこれからどんどん熱くなってきますので、水分補給をしっかりと行っていきましょう。

 

 

今回は日曜日に開催されたイベントで楽しみながら体を鍛えている利用者様の様子を紹介していきたいと思います。

 

この日に開催したのはカラーボールを使用してどれだけ円にボールが入るかというカーリングのようなレクリエーションを実施しました。これは個人ではなくチームで競い合って頂きました。理由は後程説明いたします。

 

この目的の1つは上肢の可動域維持を目的に行いました。また麻痺のある方や上肢に可動域制限がある方に配慮し、下から投げることをルールに加えました。利用者様とペットボトルの位置はおよそ1~2mとなっており、強く転がすと円から遠ざかってしまう為、力を調節する必要があります。

 

もう1つの目的は認知機能の低下予防です。どうやってボールを近づけるかとどうやって相手のボールを減らすかを考えてもらう事で、ただ投げるだけでは勝てないと利用者様に実感していく事で自然に学んでいく事が出来ました。またチーム戦にすることで自分のボールで味方のボールがどこかに行ってしまうといった緊張感と責任感を生み出しております。

 

今回のルールでは円に近づいているボールの多さを競って頂きましたが、円をたくさん増やし、その円に点数を書く事で判断力や点数を計算する能力の維持を図ることが出来るのではないかと考えました。

 

ケアプラス大洲では日々、利用者の状態に合わせたプログラムに加え、楽しんで体を動かして頂くレクリエーションなどもご提案させて頂いております。

また随時、見学や体験なども受けつけておりますのでお気軽にお問い合わせください。

ケアプラス大洲新聞2018年7月号が更新されました

皆さん、如何お過ごしでしょうか。季節柄、体温管理が難しく、熱中症も生じやすい時期ですので御自愛ください。

さて、関東ではいち早く梅雨明けとなりましたが、四国地方ももう間もなくと言ったところでしょうか。ケアプラス大洲では6月もまた数々のイベントを開催させて頂きました。その様子を皆様と一緒に振り返ってみましょう。

まずは、6月14日に開催されました松前古城一座様 歌謡ショー!

前回、お越し頂いてから半年振りとなりましたが、今回も華麗な舞踊と素敵な歌声を披露して頂きました!初めて参加された方は感動のあまり涙を流されている場面も…ぜひまたお越し頂きたいと思います!!

 

次に6月18日に開催された音楽療法!

毎回欠かさず参加されるファンも多い音楽療法♪

今回、6月ということもあり“雨”にちなんだ歌を皆で歌い、楽器を演奏し楽しい一日となりました。

 

次に日曜イベント!

心・頭・体をテーマとし、3日にはお手玉ホイ、10日には名文を写そう、17日にはうちわ作り、24日には6月お誕生会を開催しました。皆さん、それぞれに楽しんで頂きました。

 

以上が、6月のイベント報告となりましたが、7月もまた数々のイベントをご用意しております。

まずは、毎月恒例の音楽療法を19日(木)

そして、初来所となる肱ガーラBARIばんど様による音楽イベントを29日(日)にお誕生日会も重ね開催予定となっております。

その他にも日曜イベントでは毎週テーマを設けて皆様が楽しんで頂けるイベントもご用意しております。

7月もまた、皆様のご参加をお待ちしております。

 

ケアプラス大洲 介護員だより~6月のイベント紹介~

皆様こんにちは。ケアプラス大洲 介護職員の詰石です。

梅雨の時期はジメジメして過ごしにくい時期ですね(^-^;  お迎えの際に濡れる事があるかもしれません。風邪を引かないように十分に気を付けて下さいね♪

そして、たまの梅雨の晴れ間が、ムシムシして嫌な時期でもありますね。大洲は愛媛県内でも気温が高くなる地域ですから、ホント堪えますよね。そんな時はエアコンの効いた室内でゆっくりしたいところですが、あんまり室内にばかりいると、身体の体温調整が狂ってしまい、余計に体調を崩しやすくなりますよ。徐々に外の気温に身体を慣らしていくためにも、定期的には外に出かけましょうね!そんな時は、ケアプラスがおススメですよ♪

 

さて、今回のブログでは614日に行いました『「松前古城一座」様ショー』についてご紹介いたします。

今回3回目のご来所でしたが、毎回違う演目をご披露して頂いております。開始時間前から音楽を流して頂くので、利用者様も準備OK!皆様もご存じの曲がたくさんご披露頂けました!

「浪速恋しぐれ」「別れの一本杉」「大利根無情」などなど・・・舞踊にカラオケと大盛り上がり!最後に「おいでや小唄」を歌って踊りながら閉幕致しました。

「松前古城一座」様、ありがとうございました!

 

618日には毎月恒例になっている「音楽療法」イベントも行いました。

おなじみの「ウサギのダンス」や、楽器を使いながら歌ったりしました。「ウサギのダンス」は大きな声で歌えておりました♪最後には三味線をご披露頂きました。

毎回大盛況の音楽療法イベント、来月も開催致します!乞うご期待!!

 

日曜日にも沢山レクリエーション、イベント予定しております。

ぜひケアプラス大洲に足をお運びください(^^

ケアプラス大洲 ~相談員便り~ 『ご利用者様の変化』

皆様こんにちは。ケアプラス大洲 生活相談員の淺倉です。

梅雨に入り雨が続きますが、朝お迎えにお伺いするとご利用者様の変わらぬ笑顔に元気を頂く毎日です。この季節も脱水症状に注意が必要で、日中ご利用者様へはもちろん、職員一同しっかりと水分を補給しながら過ごしています。皆様も体調管理を行いながらお過ごし下さいね♪

さて今回は、ケアプラス大洲のご利用者様の変化をお伝えして参ります。

ケアプラスではセラピストによるリハビリを行っています。

『退院後に継続をしてリハビリをしたい。』『歩行時に転倒への不安を感じる様になった。』様々な理由からケアプラスをご利用され、ご利用日には意欲的に取り組んで下さる方が多く、ご様子を拝見させて頂く私達にも沢山の刺激を下さるご利用者様ですが、今回はN様のご家族様より嬉しいお言葉を頂きましたのでブログより発信させて頂きます(^^♪

ご利用当初のN様は膝痛により歩行中の膝折れが見られていました。

ご高齢にて自宅での活動性も低く、転倒リスクが高い状態でご家族様も心配されていましたが、熱心に機能訓練へ取り組んで頂く事で、今では下肢の筋力が向上し、膝折れの減少や歩行時の安定性が増した事で、ご一緒に過ごされているご家族様の負担も減少してきたとの事です。

加齢と共に低下しがちな身体機能ですが、デイサービス等を利用しながら運動の機会を確保する事で、心身共に維持や回復を図る事が出来ます。

デイサービスですから、レクリエーションや入浴の支援も受ける事ができ、清潔保持や生きがい・楽しみの構築を図る事も出来ます。

加えてケアプラス大洲では、様々な体操を取り入れながら過ごして頂いています。

 

デイサービス利用へ抵抗がある方もおられるかと思いますが、そんな方へは一日体験利用をお勧めしています。

一度体験して頂く事で、デイサービスの魅力が伝わるのではないでしょうか。

お気軽に見学来所や電話でのお問い合わせ等々お待ちしております。

 

一人でも多くの方に出会え、ケアプラス大洲の取り組みを実感して頂ける事を、私達も楽しみにしています♪

ケアプラス大洲 リハビリ便り 歩くことにこだわる

皆さん、如何お過ごしでしょうか。四国地方も南九州に続き梅雨入りし、湿度の高い日が続いております。湿度が高いことで体内に熱がこもりがちになり、熱中症を起こしやすい状態になりますので、くれぐれもお気を付けください。

 

今回もケアプラス大洲をご利用頂いている利用者様のリハビリ状況をお伝えします。

 

「歩くことは生きること」をモットーに、我々は歩くことへの道筋を建てたリハビリの提供も行っております。

例えば、ご家族の介護を行っている際に腰を悪くし、車椅子生活を余儀なくされたN様。利用当初は腰痛により常時車椅子状態にありました。その上、リハビリへの積極的姿勢も見られず、週1回はお休みになる状態でしたが、リハビリを通して腰痛緩和・改善に至る中でリハビリに対する姿勢が変わり、段階的アプローチにより現在、杖歩行の練習も開始しております。

 

 

また同時に施設でも歩行器をレンタルするなど生活環境においても変化がみられており、QOL向上に繋がっております。

 

次に自宅内は這っての移動であり、常時外出時は車椅子を使用していたO様。

利用当初は常時車椅子であり、車・トイレへの移乗動作には中等介助を要していましたが、腰から足にかけての痺れ症状緩和や歩行練習を通して筋力強化を図っていくことで、移乗時の介助量軽減が図れ、ご家族も喜ばれるなどご本人様の自信回復が図れております。また、安全な環境下にて歩く機会・量を増やす中でU字歩行器などの歩行練習も開始し、現在は自宅廊下幅を見据えたピックアップ歩行器による練習を段階的に進めております。

 

このような事例はケアプラスには数多くあり、我々、セラピストはリハビリを通して利用者様自身が自信を取り戻し、できないことができるようになる過程を共に歩めることにやりがいを感じております。

 

今後も利用者様のお役に立てるよう、様々な提案やご支援ができればと考えております。また随時、施設見学や体験利用についても受け付けておりますので、お気軽にお問合せ下さい。スタッフ一同、お待ちしております。            

 

ケアプラス大洲新聞2018年6月号が更新されました

四国地方も例年より早い梅雨入りとなりましたが、大洲では6月に入り恒例の鵜飼い開きがありました。その夜は花火も打ち上がるなど、これからの盛り上がりを感じさせる一夜になりました。鵜飼いシーズンは9月中旬までの予定となっていますので、ご家族で観光されてみては如何でしょうか。

ケアプラス大洲も鵜飼いに負けないよう、今月も頑張って参ります。 

 

では、さっそく新聞の中身をご紹介致します。

 

5/17(木)ケアプラス心うきうき祭り

ケアプラスの3大イベントのひとつ”心うきうき祭り“を開催しました!!

5月の祭りという事で飾りはもちろん“こいのぼり”。

ストラックアウト、輪投げ、パズルタワーの3つのゲームを童心に帰り楽しく競っていただきました^-^

次回は8月の予定です!

 

5/21(月)音楽療法

毎回かかさず参加されるファンも多い音楽療法♪

昔を思い出しながら懐かしい歌を歌い、演奏し、淡い思い出に浸った

一日となりました♪

 

5/24(木)カラオケボランティア・絆さま歌謡ショー

今回も素敵な歌声と衣装で楽しませて頂いた絆さま。

皆でボケない小唄を歌い笑い合い、好きになったひとで幕を閉じました!

 

また5月の日曜イベントでは以下の内容にて楽しんで頂きましたよ♪

6日 体しっかり/13日 心うきうき/20日 頭すっきり /27日 5月のお誕生会

 

最後になりましたが、6月も更なるイベントをご用意しております。

6/14(木)松前古城一座さま歌謡ショー

6/24(日)6月のお誕生会~皆でお祝いしちゃいましょう♪~

 

この他にも定例の音楽療法なども予定していますので、6月もまた多数の皆様方に参加して頂けるよう楽しみにしております。

 

暑くなって参りましたが、体調を崩される事なく今月も元気にケアプラスへいらして下さいね。